ネットビジネス初心者講座のカテゴリ記事一覧

アフィリエイトを中心に、ネットビジネスに関する情報を発信していくブログです。

  • ホーム
  • »
  • ネットビジネス初心者講座

カテゴリ:ネットビジネス初心者講座

ネットビジネスが胡散臭いといわれるようになった3つの原因と理由

いつもご覧いただきありがとうございます。

如月です。



「ネットビジネス」と聞くと、

「怪しい、胡散臭い」という

マイナスなイメージを
持っている方は少なくないようです。



また、これからネットビジネスをやってみたいけど

「インターネットを使って本当に稼げるの?」と

なんとなく不安な気持ちを
抱いている方もいると思います。



不安な気持ちを抱いたままネットビジネスを始めても、
自分のやっていることに自信が持てず、
途中で投げ出してしまう原因にもなりかねません。



そこで今回は、

『ネットビジネスが胡散臭いと
 いわれるようになった原因や理由』


について解説していきます。



ネットビジネスを始める前に
疑問や不安を払拭しておきましょう。



<ネットビジネスが胡散臭いと
 いわれるようになった原因や理由>




なぜ、

「ネットビジネスに胡散臭いイメージが
 付きまとうようになったのか?」

といいますと、
主に以下のような原因や理由が考えられます。



①.インターネット上で行われるビジネスのため
  直接目に見えない。実態がつかめない。

②.ネットビジネス特有の情報を売買するという概念

③.一部の情報販売者による過激な煽りや誇大広告表現




ひとつずつ順番に見ていきましょう。



①.インターネット上で行われるビジネスのため
  直接目に見えない。実態がつかめない。




digital-388075_1920.jpg



日本では、まだネットビジネスに関する
正しい情報がそれほど浸透していません。



ネットビジネス未経験者の方に

「私はネットビジネスで生計を立てています」

と言っても、
それがどういうビジネスで何を意味しているのか、
そう簡単には理解してもらえないと思います。



特に日本人は、自分たちの未知の領域に対して
強い拒否反応を示してしまいがちです。



そのため、ネットビジネスについて深く知る前に
否定的な態度をとってしまうということです。



まず、「ネットビジネス」とは、
「インターネットビジネス」の略称であり、
インターネットを活用した
ビジネスモデルのことをいいます。



基本的に、インターネットだけで
完結できるビジネスのことです。



パソコンのモニター越しに行われるビジネスのため、

・リアル店舗のように商品に実際に触れたり

・お客さんが商品を購入するまでの流れを直接見ること

などはできません。



特にアフィリエイトの場合、

リアル店舗のように商品を仕入れる必要は無く、

自分のブログやサイト・メールマガジンで
企業が販売している商品の広告を掲載して、

そこで訪問者や読者に
広告を経由して商品を購入してもらうことで、
成果報酬が発生するネットビジネスです。



商品が売れたとしても、

「誰がどの商品を買ったのか」

ということは、基本的にはわかりません。

(情報商材の場合、ASPから発行される
購入番号から判別することができます。)



これらの仕組みは、
既にネットビジネスで稼いでいる人にとっては、
きちんと理解されているし当然のことです。



ですが、ネットビジネスの知識の無い方からすれば、

「何をやっているのかイマイチわからない」

となるのも無理はありません。



特に、年配の方でパソコンやインターネットに
関する知識や理解が不十分な場合、
ネットビジネスについて説明しても
分かってもらえないことも多いです。



さらに、「ネットビジネス」と

「ネットワークビジネス(MLM・マルチ商法)」と

「ネズミ講(無限連鎖講)」を混同してしまい、

誤解されている方も中にはいらっしゃるようです。



これらは、それぞれ本質的に全く異なるものです。

(特に「ネズミ講」は、ビジネスでは無く犯罪です。)



ネットビジネスの中でも、特にアフィリエイトは、
インターネットの普及とともに
短期間で成長してきたビジネスモデルです。



アフィリエイトの歴史もまだ浅く、
一般的に正しく理解されていない部分も多いために、
「怪しい」イメージに繋がってしまいやすい
のだと考えられます。



ネットビジネスに関する初心者向けの記事はこちら
『ネットビジネスとは何か?・ネットビジネスの種類とは?』



アフィリエイトに関する初心者向けの記事はこちら
『アフィリエイトとは?』



ネットビジネスとネットワークビジネスと
ネズミ講の違いに関する記事はこちら
『ネットビジネスとネットワークビジネス(MLM)とネズミ講(無限連鎖講)の違い』



②.ネットビジネス特有の情報を売買するという概念



information-1027299_1920.jpg



ネットビジネスで成果を出すために
指標となる情報商材を購入する人、

その反対に、情報商材を売ることで
大きな報酬を得ているアフィリエイターや
インフォプレナー(情報起業家)がいます。



情報商材とは、
特定のテーマに関する専門的なノウハウを、
PDF・音声・動画などにまとめて
ダウンロード形式で販売する商品のことです。



情報商材を売るということは、
情報(ノウハウ)を売るということです。



ネットビジネス未経験者の方からすれば、
この、情報(ノウハウ)を売るという感覚が
今一理解できないかもしれません。



情報(ノウハウ)を売るというのは、
書店に並んでいる一般書籍を売るのと同じことです。



書店に並んでいる一般書籍も、
情報をまとめて販売されているものです。



「情報を売買する」と聞くと分かりにくく感じますが、

・紙の本のように有形か、
 パソコンで閲覧できるPDFのように無形か

・一般的な書店でも購入できるか、
 ネットでダウンロード形式でのみ購入できるか

という違いがあるというだけです。



つまり、「情報を売買する」ということは、

「書店に並んでいる一般書籍を売買する」のと

似たようなことだと考えていただければと思います。



情報商材の基礎知識に関する記事はこちら
『情報商材とは?』



③.一部の情報販売者による過激な煽りや誇大広告表現



deceive-1299043_1280.png



一部の情報商材や無料オファーで、
過激な煽りや誇大広告表現を見かけることがあります。



例えば、

“1日30分のコピペ作業だけで
 月収300万円以上を片手間で稼ぎ続ける
 驚愕の新世紀アフィリノウハウが完全公開!

 その非常識な稼ぎ方をあなたもマスターし、
 ストレスフリーな人生を歩み始めませんか?”

“思考停止状態で1日10分クリックするだけ!
 放ったらかしで毎月月収100万円!”

“1日5分!スマホをぽちぽちタップするだけで
 素人でも最速で月収135万円の完全自動不労収益!”

のようなセールスレターですね。



ラクして大金が稼げるなんて
普通に考えてあり得ないことなのですが、
一部の情報販売者によって
このような胡散臭いコピーが使われています。



実際に、
これらの過激な煽りや誇大広告表現が使われた
情報商材や高額塾の内容というのは、
中身の無いノウハウや
再現不可能な机上の空論であることがほとんどです。



いわゆる詐欺商材や詐欺高額塾と
呼ばれているものですね。



一部の情報販売者による
価値の無い情報商材や高額塾のせいで、
ネットビジネス全体が胡散臭い
と思われてしまうのです。



また、これらの詐欺商材や詐欺高額塾の被害者によって

「ネットビジネスは詐欺だ!」

という悪い口コミがネット上に広まってしまうため、
ネットビジネスに対するマイナスなイメージが
蔓延るのだと考えられます。



<まとめ:ネットビジネス自体は胡散臭く無い、
 真面目に取り組めばきちんと稼げる>




結局のところ、ネットビジネスというのは、
インターネットを活用して
ビジネスを行っているだけです。



別にネットビジネス自体は
胡散臭いものではありません。



インターネットだけで完結できるかどうか
が違うというだけで、
リアルビジネスと何も変わりません。



ただ、リアルビジネスの中にも
胡散臭いものは存在するように、

一部の悪質な情報販売者のせいで
ネットビジネス全体が胡散臭い、
と勘違いされてしまっているということです。



また、たいして努力もしないで

「簡単作業でラクして月収100万円!」

なんてこの世の中には存在しません。



アフィリエイトの場合、収入を自動化させる仕組み
を構築することは確かに可能です。



ですが、初心者がいきなり月収数百万円の
不労所得を得ることなど無理です。



ネットビジネスはリアルビジネスと
何も変わりませんので、成功するためには
それ相応の努力と作業量をこなす必要があります。



ネットビジネスには、

・インターネットを活用した
 効率的なマーケティングを行うことができる

・アフィリエイトの場合は、
 パソコンとネット環境さえあれば
 誰でも簡単に始められる

などのメリットがあります。



インターネット市場はこれからさらに伸び続けますし、
ネットビジネスには個人でも参入できる
チャンスがあります。



なので、ネットビジネスに興味のある方は、
ネットビジネスで稼ぐための正しい方法や知識を
学んだうえで挑戦してみると良いと思います。



正しい方法や知識を身に付けることで、
詐欺商材や詐欺高額塾にも騙されないようになります。



『アフィリエイトが詐欺?と誤解される原因』について、
より詳しく解説した記事も用意しましたので、
こちらもぜひ併せてご覧ください
『アフィリエイトが詐欺?と誤解される原因』



ネットビジネスに取り組みたい方へ







私は、アフィリエイト系情報商材のマニュアルやセールスレターを一通り見てきました。



その中には難しすぎて初心者の方では理解できないものから、価格に見合わない薄すぎる説明マニュアルや再現性の無いノウハウも見てきましたので、セールスレターを見ただけでも大体中身がわかります。



しかし、ネットビジネス初心者の方は、どれが良くてどれがダメなのか判断に迷うことでしょう。



また、最初に正しい情報の取捨選択がしっかりとできていれば既に稼げているかもしれないのに、なかなか本物の情報に辿りつけずに遠回りしてしまう方も少なくありません。



そこで、このブログをご覧のあなたがアフィリエイト系情報商材のご購入でお悩みでしたら、下記のアンケート内容を詳しく明記した上で、無料お問い合わせメールフォームからお気軽にご相談ください。



1.あなたのPCスキルはどのくらいですか?

2.過去に購入したことのある情報商材はありますか?

3.その購入した情報商材で稼げましたか?

4.気になるネットビジネスや情報商材はありますか?

5.一日の作業時間はどのくらいとれますか?

6.ご希望の平均月収は?

7.情報商材購入のご予算は?






その他のご質問やご相談も受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。



如月でした。


【誤解?】ネットビジネスとネットワークビジネスとネズミ講の違い

いつもご覧いただきありがとうございます。

如月です。



「ネットビジネス」と「ネットワークビジネス」
どちらも名前がとても似ています。



ですが、実はどちらも全く異なる
ビジネスモデルということをご存知でしょうか?



名前が似ているせいで、両方とも同じものだと
勘違いしている方は意外と多いようです。



さらに、

「ネットビジネス」と「ネットワークビジネス」と

「ネズミ講」を混同してしまい、

誤解されている方も中にはいらっしゃるようです。



これらは、それぞれ本質的に全く異なるものです。

(特に「ネズミ講」は、ビジネスでは無く犯罪です。)



そこで今回は、
それぞれの違いを理解していただくために、

『ネットビジネスと

 ネットワークビジネス(MLM)と

 ネズミ講(無限連鎖講)の違い』


についてご説明していきたいと思います。



<ネットビジネスについて>



「ネットビジネス」の「ネット」とは、
インターネット(Internet)のことです。



「ネットビジネス」とは、
「インターネットビジネス」の略称であり、
インターネットを活用した
ビジネスモデルのことをいいます。



基本的に、インターネットだけで
完結できるビジネスのことです。



そして、「ネットビジネス」の中でも
最も有名な「アフィリエイト」とは、

自分のブログやサイト・メールマガジンで
企業が販売している商品の広告を掲載して、

そこで訪問者や読者に
広告を経由して商品を購入してもらうことで、
成果報酬が発生する「ネットビジネス」です。



「ネットビジネス」に関しては、
以前に初心者の方向けの記事を用意しましたので、
こちらをご覧ください。
『ネットビジネスとは何か?ネットビジネスの種類とは?』



また、「アフィリエイト」について初心者の方向けに
ご紹介した記事も用意してありますので、
こちらもぜひご覧ください。
『アフィリエイトとは?』



<ネットワークビジネス(MLM)とは?>


「ネットワークビジネス」の
「ネットワーク(Network)」とは、この場合、

・人と人をつなげるしくみ

・人と人が連絡するための網状のしくみ(連絡網)

・人と人のつながり(人脈)

という意味です。



「ネットワークビジネス」は
「ネットビジネス」とは異なり、
必ずしもインターネットを使うとは限りません。



現在のように、インターネットが普及する
以前から存在していたビジネスです。



「ネットワークビジネス」は、

「連鎖販売取引」や

「マルチ商法(MLM:multi-level marketing)」

とも呼ばれています。



「ネットワークビジネスは口コミビジネスである」
といわれているほど、人脈が大切なビジネスです。



ネットワークビジネスを始めるためには、
まず最初に、「アムウェイ」や「ニュースキン」
といった企業の会員となり、
その企業の商品を実際に購入し続ける必要があります。



そして、
化粧品・ダイエットサプリ・歯磨き粉・シャンプー
などの様々な商品を、
口コミで広めて他人に紹介していきます。



紹介された人が商品を購入するためには、
紹介された人自身も企業の会員になる必要があります。



商品を紹介された人が企業の会員となり
実際に商品が購入されることで、
紹介者に一定の報酬が支払われます。



一見するとアフィリエイトの仕組みに似ていますが、
ネットワークビジネスの場合、
商品を紹介されて会員になった人が、
また別の人に商品を紹介して会員登録してもらえると、
大元となった紹介者にも報酬が支払われます。



図にすると下記のようなイメージです。



nbnw.jpg



大元となるAさん(赤)が
Bさん(黄)に商品を紹介して報酬を得ます。



次に、Bさん(黄)がCさん(緑)に
商品を紹介して売り上げが上がると、
Bさん(黄)だけでなく、大元となるAさん(赤)
にも報酬の一部が入るという仕組みです。



そしてまた、Cさん(緑)からDさん(青)へ・・・

という風に、口コミによって商品を
広めていく流れが連鎖していくわけです。



「ネットワークビジネス」最大の特徴は、
大元となる自分の下に大勢の会員を増やせば、
権利収入として継続的な収入が
毎月入ってくることです。



例えば、

化粧品やシャンプーだと中身が無くなる前に
新しい分を買い足すことになりますし、

ダイエットサプリだと、痩せるために
毎月継続して買い続けることになります。



つまり、会員が増えるたびに、
大元となる自分の利益は増大していくということです。



ここまでの説明で、

「最初にほんの少数の人にでも商品を売っておけば、
 後は紹介された人たちが勝手にどんどん商品を
 売ってくれて、その利益も自分のものになる

 ラクして儲かりそうな仕組みなんじゃないか」

と思った方も、もしかしたらいるかもしれません。



しかし、「ネットワークビジネス」の実態は
そう簡単に儲けられるというものではありません。



“商品を紹介された人は

 毎月のように商品を購入しないといけない

 そしてまた別の人を勧誘していかないと稼げない”

という理由から、商品を紹介しても
敬遠されてしまうことが多いようです。



人と人のつながり(人脈)が豊富で
よほど営業の上手い人でないと、
「ネットワークビジネス」で稼いでいくのは
難しいかもしれません。



また、「ネットワークビジネス」のイメージが
あまりよろしくない理由としては、
権利収入を獲得するために、
強引に勧誘する人たちがいるということです。



ネットワークビジネス参入者は、
手始めに身近な友人・知人に紹介していきます。



ですが、冷静な判断の持ち主であれば、
一番得をするのは大元となる紹介者であることに
気づくため、距離を置かれてしまいます。



下手すると、友人・知人から
嫌われることにもなりかねません。



身近な人に紹介しつくしたら、
今度は昔の知り合いや
同じ職場の同僚をターゲットにしたり・・・



いくら顔見知りの友人・知人とはいえ、
たいして仲良くなかったり、浅い付き合いの人から、

いきなり「この商品いいよ!」

とおすすめされてもウザがられるのがオチです。



もちろん、ルールを守って
真面目にビジネスされている方もいます。



ただ、お金に目がくらみ
強引に勧誘する人たちが多いため、
「ネットワークビジネス」のイメージは
あまりよろしくないということです。



<ねずみ講(無限連鎖講)は犯罪?>



日本では「ネットワークビジネス」と聞くと
「ネズミ講…?」と思われがちです。



しかし、「ネットワークビジネス」と「ネズミ講」は、
「特定商取引法」で区別されるため、
全く異なるものとなります。



「ネットワークビジネス」は、
法律上は「連鎖販売取引」と呼ばれ、
「特定商取引法」で定められています。



“連鎖販売取引:個人を販売員として勧誘し、
 さらに次の販売員を勧誘させるというかたちで、
 販売組織を連鎖的に拡大して行う
 商品・役務(サービス)の取引のこと”



「連鎖販売取引」の詳細はこちら
http://www.no-trouble.go.jp/search/what/P0204009.html



「特定商取引法」とは、

・訪問販売や通信販売などによる消費者トラブルを
 未然に防ぐための事業者が守るべきルール

・クーリング・オフなどの消費者を守るためのルール

を定めた、消費者の利益を守るための法律です。



「ネズミ講」とは、
この「特定商取引法」を無視したものです。



クーリング・オフは適用されませんし、
消費者の利益も保証されません。



そして「ネズミ講」の最大の特徴は、
「商品・サービス」が存在しないということです。



つまり、会員費などのお金の
やりとりだけが存在しているということです。



nbnw2.jpg



「ネズミ講」は、仮に入会金を1万円とした場合、

“あなたが入会金1万円を
 支払って会員になったとします。

 そして、あなたが新しい会員を獲得すれば、
 あなたにも報酬が分配されます。

 さらに、あなたが獲得した会員が
 また新しい別の会員を獲得した場合も
 あなたに報酬が分配されます。”

という流れの仕組みとなります。



商品やサービスは全く提供されず、

「入会金1万円を支払う」という

行為だけが際限無く行われているだけ、
というわけです。



これが「ネズミ講」の仕組みであり、
「無限連鎖講」とも呼ばれています。



「無限連鎖講」は、

「無限連鎖講の防止に関する法律」により

違法として禁止されています。



「無限連鎖講」の詳細はこちら
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E9%99%90%E9%80%A3%E9%8E%96%E8%AC%9B



ウィキペディアによると、

“天下一家の会、被害者数112万人、被害額1900億円”が、

国内で過去最高の被害額の事件のようです。



<まとめ>



【ネットビジネスとネットワークビジネスの違い】



・「ネットビジネス」とは、
 インターネットを活用したビジネスモデルのこと。

 基本的に、インターネットだけで
 完結できるビジネスのこと。



・「ネットワークビジネス」とは、
 会員を増やすことでネットワークを形成し、
 商品の売り上げを増やそうとするビジネス。

 インターネットが普及する以前から
 存在していたビジネス。



・「ネットビジネス」と「ネットワークビジネス」
 どちらも名前がとても似ていますが、
 実はどちらも全く異なるビジネスモデル。



【ネズミ講(無限連鎖講)は犯罪】



・「ネットワークビジネス」は、
 法律上は「連鎖販売取引」と呼ばれ、
 「特定商取引法」で定められている。

 「ネズミ講(無限連鎖講)」は、
 この「特定商取引法」を無視したもの。



・「ネズミ講(無限連鎖講)」は、
 「無限連鎖講の防止に関する法律」により
 違法として禁止されている。



一応念のために、
「アフィリエイト」を「ネズミ講」
と勘違いする方もいるようですが、
「アフィリエイト」は無限連鎖しません。



「アフィリエイト」は、
自分のブログやサイト・メールマガジンで
企業が販売している商品の広告を掲載して、

そこで訪問者や読者に
広告を経由して商品を購入してもらうことで、
成果報酬が発生する「ネットビジネス」です。



「ネットワークビジネス」のように
報酬が連鎖して発生するわけではありません。



アフィリエイターが紹介した広告から商品が売れると、
広告主から決められた報酬をもらえる、
というだけのことです。



「アフィリエイト」は、
アフィリエイターが広告主とお客さんを仲介する、
インターネットを活用したシンプルな広告業です。



ネットビジネスに取り組みたい方へ







私は、アフィリエイト系情報商材のマニュアルやセールスレターを一通り見てきました。



その中には難しすぎて初心者の方では理解できないものから、価格に見合わない薄すぎる説明マニュアルや再現性の無いノウハウも見てきましたので、セールスレターを見ただけでも大体中身がわかります。



しかし、ネットビジネス初心者の方は、どれが良くてどれがダメなのか判断に迷うことでしょう。



また、最初に正しい情報の取捨選択がしっかりとできていれば既に稼げているかもしれないのに、なかなか本物の情報に辿りつけずに遠回りしてしまう方も少なくありません。



そこで、このブログをご覧のあなたがアフィリエイト系情報商材のご購入でお悩みでしたら、下記のアンケート内容を詳しく明記した上で、無料お問い合わせメールフォームからお気軽にご相談ください。



1.あなたのPCスキルはどのくらいですか?

2.過去に購入したことのある情報商材はありますか?

3.その購入した情報商材で稼げましたか?

4.気になるネットビジネスや情報商材はありますか?

5.一日の作業時間はどのくらいとれますか?

6.ご希望の平均月収は?

7.情報商材購入のご予算は?






その他のご質問やご相談も受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。



如月でした。

情報商材のメリット・デメリット、詐欺商材の被害に遭わないためには?

いつもご覧いただきありがとうございます。

如月です。



今回は、

『情報商材とは?』

というテーマで、

情報商材のメリット・デメリット
についてご紹介していきます。



<情報商材とは?>



laptop-819285_1920.jpg



情報商材とは、
特定のテーマに関する専門的なノウハウを、
PDF・音声・動画などにまとめて
ダウンロード形式で販売する商品のことです。



「情報商材」のジャンルやテーマの例としては、
下記のような種類があります。

・ネットビジネス(アフィリエイト、せどりなど)

・投資(株、FXなど)

・恋愛(モテる方法、復縁、アダルトなど)

・コンプレックス(薄毛、不眠症改善など)

・美容(ダイエット、バストアップなど)

・学習(語学、資格取得など)

・趣味(楽器の弾き方、ゴルフ上達法など)

・生活(ペットのしつけ、料理上達法など)



情報商材は、基本的にインフォトップなどの
情報商材を専門に取り扱うASPで販売されています。



セールスレターと呼ばれる専用の販売ページが
商材ごとに個別に用意されていて、
そこから購入することができます。



決済を済ませると、コンテンツをダウンロードして
パソコンに保存して利用することができます。



<情報商材のメリット・デメリットとは?>



js.jpg



情報商材のメリット・デメリットは、
以下のような点が挙げられます。



【情報商材のメリット】

・優良な情報商材の場合、
 具体的で専門性が高いノウハウが得られる

・販売者や筆者から直接的なサポートを受けたり、
 質問することができる場合もある

・テンプレートやツールなどの
 特典コンテンツが付属していることもある

・商材によっては返金保証が付属している場合もある

・アフィリエイト報酬率が高い



【情報商材のデメリット】

・一般書籍より価格が高い

・購入しないと内容を確認できない

・値段に見合わない詐欺商材もある

・情報商材を購入するだけで
 稼げるようになるわけではない



<情報商材のメリット>



share-price-1013627_1920.jpg



・優良な情報商材の場合、
 具体的で専門性が高いノウハウが得られる




優良な情報商材の場合に限りますが、
一般書籍よりも、目的を達成するための
具体的で専門性が高いノウハウが得られます。



価格の安い一般書籍でも、
知識や実績のある著者の本を読めば、
具体的で専門性が高い価値のある情報を
得ることは十分に可能です。



ですが一般書籍の場合、

「購入者にノウハウを実践してもらい、
 結果を出してもらう」

という目的で内容が構成・作成されているわけではなく、

「価値のある情報がただ単に
 ひたすら網羅されているだけ」

というものも少なくありません。



その点、優良な情報商材の場合ですと、

「購入者にノウハウを実践してもらい、
 結果を出してもらう」

という、

「購入者に目的を達成してもらう」

ということに重点が置かれて作成されています。



そして、情報商材の場合、
インターネット上でのみ販売されるため、
その情報を本当に必要としている
ごく限られた人たちを対象に、
制作・販売することができます。



つまり、特定のテーマに関する専門的なノウハウに、
より深く突っ込んだ内容を作りやすいということです。



また、一般書籍のようにページ数に
厳しい制限も一切設けられていませんので、
文章に限らず音声や動画などの
あらゆるメディアを駆使しながら、
制限を気にせずにコンテンツを作り込むことができます。



そのため、優良な情報商材の場合に限りますが、
一般書籍としては決して得られないノウハウや、
省略されてしまいがちな具体的な作業手順が
丁寧に細かく説明されているものもあります。



それらの優良な情報商材による
ノウハウや情報を活用することで、
効率良く目的の達成に近づいていく
ことができるというわけです。



・販売者や筆者から直接的なサポートを受けたり、
 質問することができる場合もある




サポート付きの情報商材の場合、
販売者から個別のメールサポートやスカイプサポート、
教材によってはコンサルを受けることもできます。



教材を実践していくと、
どうしても理解できない疑問点や、
自分一人だけの力では解決できない部分が出てきます。



また、アフィリエイトの場合、
基本的に一人で作業を進めて行くため、
自分では教材の通りに進めているつもりでも、
いつの間にか間違った方向に進んでしまっている、
ということもあります。



そんなときに、販売者からの直接的な
サポートやコンサルを上手く利用していけば、
疑問点を解決できたり、
間違った解釈を軌道修正して
成果に結び付きやすくなります。



また、教材購入者専用のフォーラムが
提供される場合もあり、
実践者同士でお互いに教えあったり、
アドバイスをもらえることができる、
という形式もあります。



それ以外にも、情報商材はインターネットで
ダウンロード形式で販売する商品となるため、
教材やツールがバージョンアップされた場合に、
最新版が提供されてダウンロードすることができる、
というサポートもあります。



このような、販売者との直接的なやりとりや
様々なサポートが受けられるというのが、
一般書籍には無い情報商材の最大のメリットです。




せっかく高いお金を出して
情報商材を購入するわけですから、
情報商材のサポートはどんどん有効的に
活用していくことをおすすめします。



・テンプレートやツールなどの
 特典コンテンツが付属していることもある




アフィリエイト系の情報商材を購入すると、

・SEO対策が施されたブログテンプレート

・URL短縮ツール

などが特典としてもらえる場合があります。



特典を活用することで、
ノウハウの実践に役立てたり、
作業を効率化することができます。



また、特典を付けることによって
商品の成約率や購入者の顧客満足度を
上げることができるため、
販売者と購入者のお互いにメリットがあります。



・商品によっては返金保証が付属している場合もある



情報商材によっては、
返金保証が付いている場合もあります。



万が一、内容に満足がいかなかったり、
ノウハウを実践して効果が得られなかった場合に、
お金を払い戻してもらえるというものです。



優良な情報商材の中には、
メール一通で返金申請できる
「無条件返金保証」が付いた教材も存在します。



・アフィリエイト報酬率が高い



これは、情報商材アフィリエイトを
行っていく際のメリットとなりますが、
報酬率が高いという点が挙げられます。



情報商材の場合、
平均的に商品価格の40%~80%という、
圧倒的に高い報酬率が設定されています。



報酬率が80%の1万円の商品を売れば、
たった1件だけで8000円の報酬を
得ることも可能であるということです。



物販アフィリエイトであれば10パーセント程度、
Amazonや楽天ですと1~数%の報酬率が多いです。



情報商材アフィリエイトは、
いろいろなアフィリエイト手法の中でも、
最も大きな金額を稼げる可能性のある手法です。



<情報商材のデメリット>



share-price-1013626_1920.jpg



・一般書籍より価格が高い



ASPに登録されている情報商材の
平均的な価格は1万~3万円です。



安い情報商材でも数千円、
いわゆる高額塾だと数十万円もします。



情報商材の価格が高い最大の理由は、
情報商材の場合、販売者が商品の値段を
自分で自由に決められるからです。



商材の内容や市場の需要と供給などから判断して、
販売者自身がそれに応じた
価格を自由に設定できるということです。



情報商材の価格設定を高くすることにより、

・商品購入前の、
 購入者のコンテンツやサービスに対する
 期待感を醸成する

・その情報を本当に必要としている
 ごく限られた人たち以外からの
 安易な購入を抑制することによって、
 提供しているコンテンツやサービスへの
 評価が下がることを防ぐ

などという狙いがあると考えられます。



・購入しないと内容を確認できない



情報商材は購入前に中身を見ることができませんので、

・購入して中身を確認してみたら
 自分に合わない実践手法だった

初心者の方の場合ですと、

・自分のレベルに合わない上級者向けの
 手法の教材を誤って購入してしまった

という事例もあります。



情報商材の購入前には、

セールスレターをよく読んで内容を確認したり、

商品名や販売者名で検索して
商材レビューや評判を参考にするなどして、

今自分が購入するべき情報商材なのかどうかを
事前によく調べるように気を付けていきましょう。



・値段に見合わない詐欺商材もある



一部の悪質な情報販売者による、
購入前に中身を確認することができないことを悪用した
悪質な情報商材や高額塾というものが存在します。



悪質な情報商材や高額塾というのは、

“思考停止状態で1日10分クリックするだけ!
 放ったらかしで毎月月収100万円!”

のような誇大広告表現で

“ラクして大金が稼げる”と煽り、

中身の無いノウハウや再現不可能な内容を
高額で売りつける、
いわゆる詐欺商材や詐欺高額塾のことです。



そんな詐欺商材や詐欺高額塾を避けるためには、
あらかじめ、価値がある商材なのかを
見極められる判断力を磨くしかありません。



まずは、セールスレターを精読して、
商品説明が矛盾していないかどうか、
誇大広告を謳っていないかどうかを
慎重に確認しましょう。



かなり注意深く読まないと気が付かないような、
巧妙で悪質な表現が使われていることもあります。



そしてやはり、詐欺商材や詐欺高額塾ですと、
商品名や販売者名で検索すれば、
悪い評判や被害者の声というものが
多数見つかるはずです。



詐欺商材や詐欺高額塾の被害に遭わないためには、

誇大広告や値上げに煽られて
即購入してしまうのではなく、

商品名や販売者名で検索するなどしてよく調べて
商品の内容や評判をきちんと把握したり、

正しい情報を見抜ける判断力を
身につけていけるように注意しましょう。




・情報商材を購入するだけで
 稼げるようになるわけではない




これは、デメリットというよりも、
情報商材を購入する際に勘違いしてはいけない
最大の注意点となるのですが、

アフィリエイトの情報商材の場合、
購入するだけで稼げるように
なるわけではないということです。




購入者によって人それぞれ、

「知識、レベル、経験、向き不向き」

などが違ってくるため、

「購入者の誰もが必ずしもセールスレターに
 掲載されているとおりの結果が得られるとは限らない」

ということには注意です。



そのため、アフィリエイトの情報商材の場合ですと、

「アフィリエイトで稼げるようになる」

という目的を効率的に達成するための参考書
のような感じで手にしていくのが良いと思います。



そして、どれだけ優良な情報商材を
手にすることができたとしても、
ノウハウを実践していかなければ
成果を出すことはできません。



買っただけで満足してしまうような人も
中にはいるようですが、
それではもちろん稼ぐことなどできません。



また、
せっかくお金を出して情報商材を購入したのに、
ノウハウをきちんと理解しないで
自己流の解釈で作業を進めてしまったがゆえに、
膨大な時間と労力を無駄にして
稼げなかったという事例もあります。



情報商材のノウハウを再現するためにも、
まずはノウハウをきちんと理解して
マニュアルに従って実践していきましょう。



そして、
マニュアル通りに実践して稼げるようになってから、
自分なりのアレンジを加えていくようにしましょう。



<まとめ>



情報商材には、一般書籍では手に入らない
メリットもたくさんありますが、

その反面、情報商材ならではのデメリットや注意点
というものも存在します。



今回ご紹介した
情報商材のメリット・デメリットを、
今後、情報商材を選ぶ際の
参考にしていただければと思います。



ネットビジネスに取り組みたい方へ







私は、アフィリエイト系情報商材のマニュアルやセールスレターを一通り見てきました。



その中には難しすぎて初心者の方では理解できないものから、価格に見合わない薄すぎる説明マニュアルや再現性の無いノウハウも見てきましたので、セールスレターを見ただけでも大体中身がわかります。



しかし、ネットビジネス初心者の方は、どれが良くてどれがダメなのか判断に迷うことでしょう。



また、最初に正しい情報の取捨選択がしっかりとできていれば既に稼げているかもしれないのに、なかなか本物の情報に辿りつけずに遠回りしてしまう方も少なくありません。



そこで、このブログをご覧のあなたがアフィリエイト系情報商材のご購入でお悩みでしたら、下記のアンケート内容を詳しく明記した上で、無料お問い合わせメールフォームからお気軽にご相談ください。



1.あなたのPCスキルはどのくらいですか?

2.過去に購入したことのある情報商材はありますか?

3.その購入した情報商材で稼げましたか?

4.気になるネットビジネスや情報商材はありますか?

5.一日の作業時間はどのくらいとれますか?

6.ご希望の平均月収は?

7.情報商材購入のご予算は?






その他のご質問やご相談も受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。



如月でした。
<< 2017年05月 >>
   1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31         
Copyright © アフィリエイト 情報商材 比較 まとめ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。