いつもご覧いただきありがとうございます。

如月です。



今回は、

『情報商材とは?』

というテーマで、

情報商材のメリット・デメリット
についてご紹介していきます。



<情報商材とは?>



laptop-819285_1920.jpg



情報商材とは、
特定のテーマに関する専門的なノウハウを、
PDF・音声・動画などにまとめて
ダウンロード形式で販売する商品のことです。



「情報商材」のジャンルやテーマの例としては、
下記のような種類があります。

・ネットビジネス(アフィリエイト、せどりなど)

・投資(株、FXなど)

・恋愛(モテる方法、復縁、アダルトなど)

・コンプレックス(薄毛、不眠症改善など)

・美容(ダイエット、バストアップなど)

・学習(語学、資格取得など)

・趣味(楽器の弾き方、ゴルフ上達法など)

・生活(ペットのしつけ、料理上達法など)



情報商材は、基本的にインフォトップなどの
情報商材を専門に取り扱うASPで販売されています。



セールスレターと呼ばれる専用の販売ページが
商材ごとに個別に用意されていて、
そこから購入することができます。



決済を済ませると、コンテンツをダウンロードして
パソコンに保存して利用することができます。



<情報商材のメリット・デメリットとは?>



js.jpg



情報商材のメリット・デメリットは、
以下のような点が挙げられます。



【情報商材のメリット】

・優良な情報商材の場合、
 具体的で専門性が高いノウハウが得られる

・販売者や筆者から直接的なサポートを受けたり、
 質問することができる場合もある

・テンプレートやツールなどの
 特典コンテンツが付属していることもある

・商材によっては返金保証が付属している場合もある

・アフィリエイト報酬率が高い



【情報商材のデメリット】

・一般書籍より価格が高い

・購入しないと内容を確認できない

・値段に見合わない詐欺商材もある

・情報商材を購入するだけで
 稼げるようになるわけではない



<情報商材のメリット>



share-price-1013627_1920.jpg



・優良な情報商材の場合、
 具体的で専門性が高いノウハウが得られる




優良な情報商材の場合に限りますが、
一般書籍よりも、目的を達成するための
具体的で専門性が高いノウハウが得られます。



価格の安い一般書籍でも、
知識や実績のある著者の本を読めば、
具体的で専門性が高い価値のある情報を
得ることは十分に可能です。



ですが一般書籍の場合、

「購入者にノウハウを実践してもらい、
 結果を出してもらう」

という目的で内容が構成・作成されているわけではなく、

「価値のある情報がただ単に
 ひたすら網羅されているだけ」

というものも少なくありません。



その点、優良な情報商材の場合ですと、

「購入者にノウハウを実践してもらい、
 結果を出してもらう」

という、

「購入者に目的を達成してもらう」

ということに重点が置かれて作成されています。



そして、情報商材の場合、
インターネット上でのみ販売されるため、
その情報を本当に必要としている
ごく限られた人たちを対象に、
制作・販売することができます。



つまり、特定のテーマに関する専門的なノウハウに、
より深く突っ込んだ内容を作りやすいということです。



また、一般書籍のようにページ数に
厳しい制限も一切設けられていませんので、
文章に限らず音声や動画などの
あらゆるメディアを駆使しながら、
制限を気にせずにコンテンツを作り込むことができます。



そのため、優良な情報商材の場合に限りますが、
一般書籍としては決して得られないノウハウや、
省略されてしまいがちな具体的な作業手順が
丁寧に細かく説明されているものもあります。



それらの優良な情報商材による
ノウハウや情報を活用することで、
効率良く目的の達成に近づいていく
ことができるというわけです。



・販売者や筆者から直接的なサポートを受けたり、
 質問することができる場合もある




サポート付きの情報商材の場合、
販売者から個別のメールサポートやスカイプサポート、
教材によってはコンサルを受けることもできます。



教材を実践していくと、
どうしても理解できない疑問点や、
自分一人だけの力では解決できない部分が出てきます。



また、アフィリエイトの場合、
基本的に一人で作業を進めて行くため、
自分では教材の通りに進めているつもりでも、
いつの間にか間違った方向に進んでしまっている、
ということもあります。



そんなときに、販売者からの直接的な
サポートやコンサルを上手く利用していけば、
疑問点を解決できたり、
間違った解釈を軌道修正して
成果に結び付きやすくなります。



また、教材購入者専用のフォーラムが
提供される場合もあり、
実践者同士でお互いに教えあったり、
アドバイスをもらえることができる、
という形式もあります。



それ以外にも、情報商材はインターネットで
ダウンロード形式で販売する商品となるため、
教材やツールがバージョンアップされた場合に、
最新版が提供されてダウンロードすることができる、
というサポートもあります。



このような、販売者との直接的なやりとりや
様々なサポートが受けられるというのが、
一般書籍には無い情報商材の最大のメリットです。




せっかく高いお金を出して
情報商材を購入するわけですから、
情報商材のサポートはどんどん有効的に
活用していくことをおすすめします。



・テンプレートやツールなどの
 特典コンテンツが付属していることもある




アフィリエイト系の情報商材を購入すると、

・SEO対策が施されたブログテンプレート

・URL短縮ツール

などが特典としてもらえる場合があります。



特典を活用することで、
ノウハウの実践に役立てたり、
作業を効率化することができます。



また、特典を付けることによって
商品の成約率や購入者の顧客満足度を
上げることができるため、
販売者と購入者のお互いにメリットがあります。



・商品によっては返金保証が付属している場合もある



情報商材によっては、
返金保証が付いている場合もあります。



万が一、内容に満足がいかなかったり、
ノウハウを実践して効果が得られなかった場合に、
お金を払い戻してもらえるというものです。



優良な情報商材の中には、
メール一通で返金申請できる
「無条件返金保証」が付いた教材も存在します。



・アフィリエイト報酬率が高い



これは、情報商材アフィリエイトを
行っていく際のメリットとなりますが、
報酬率が高いという点が挙げられます。



情報商材の場合、
平均的に商品価格の40%~80%という、
圧倒的に高い報酬率が設定されています。



報酬率が80%の1万円の商品を売れば、
たった1件だけで8000円の報酬を
得ることも可能であるということです。



物販アフィリエイトであれば10パーセント程度、
Amazonや楽天ですと1~数%の報酬率が多いです。



情報商材アフィリエイトは、
いろいろなアフィリエイト手法の中でも、
最も大きな金額を稼げる可能性のある手法です。



<情報商材のデメリット>



share-price-1013626_1920.jpg



・一般書籍より価格が高い



ASPに登録されている情報商材の
平均的な価格は1万~3万円です。



安い情報商材でも数千円、
いわゆる高額塾だと数十万円もします。



情報商材の価格が高い最大の理由は、
情報商材の場合、販売者が商品の値段を
自分で自由に決められるからです。



商材の内容や市場の需要と供給などから判断して、
販売者自身がそれに応じた
価格を自由に設定できるということです。



情報商材の価格設定を高くすることにより、

・商品購入前の、
 購入者のコンテンツやサービスに対する
 期待感を醸成する

・その情報を本当に必要としている
 ごく限られた人たち以外からの
 安易な購入を抑制することによって、
 提供しているコンテンツやサービスへの
 評価が下がることを防ぐ

などという狙いがあると考えられます。



・購入しないと内容を確認できない



情報商材は購入前に中身を見ることができませんので、

・購入して中身を確認してみたら
 自分に合わない実践手法だった

初心者の方の場合ですと、

・自分のレベルに合わない上級者向けの
 手法の教材を誤って購入してしまった

という事例もあります。



情報商材の購入前には、

セールスレターをよく読んで内容を確認したり、

商品名や販売者名で検索して
商材レビューや評判を参考にするなどして、

今自分が購入するべき情報商材なのかどうかを
事前によく調べるように気を付けていきましょう。



・値段に見合わない詐欺商材もある



一部の悪質な情報販売者による、
購入前に中身を確認することができないことを悪用した
悪質な情報商材や高額塾というものが存在します。



悪質な情報商材や高額塾というのは、

“思考停止状態で1日10分クリックするだけ!
 放ったらかしで毎月月収100万円!”

のような誇大広告表現で

“ラクして大金が稼げる”と煽り、

中身の無いノウハウや再現不可能な内容を
高額で売りつける、
いわゆる詐欺商材や詐欺高額塾のことです。



そんな詐欺商材や詐欺高額塾を避けるためには、
あらかじめ、価値がある商材なのかを
見極められる判断力を磨くしかありません。



まずは、セールスレターを精読して、
商品説明が矛盾していないかどうか、
誇大広告を謳っていないかどうかを
慎重に確認しましょう。



かなり注意深く読まないと気が付かないような、
巧妙で悪質な表現が使われていることもあります。



そしてやはり、詐欺商材や詐欺高額塾ですと、
商品名や販売者名で検索すれば、
悪い評判や被害者の声というものが
多数見つかるはずです。



詐欺商材や詐欺高額塾の被害に遭わないためには、

誇大広告や値上げに煽られて
即購入してしまうのではなく、

商品名や販売者名で検索するなどしてよく調べて
商品の内容や評判をきちんと把握したり、

正しい情報を見抜ける判断力を
身につけていけるように注意しましょう。




・情報商材を購入するだけで
 稼げるようになるわけではない




これは、デメリットというよりも、
情報商材を購入する際に勘違いしてはいけない
最大の注意点となるのですが、

アフィリエイトの情報商材の場合、
購入するだけで稼げるように
なるわけではないということです。




購入者によって人それぞれ、

「知識、レベル、経験、向き不向き」

などが違ってくるため、

「購入者の誰もが必ずしもセールスレターに
 掲載されているとおりの結果が得られるとは限らない」

ということには注意です。



そのため、アフィリエイトの情報商材の場合ですと、

「アフィリエイトで稼げるようになる」

という目的を効率的に達成するための参考書
のような感じで手にしていくのが良いと思います。



そして、どれだけ優良な情報商材を
手にすることができたとしても、
ノウハウを実践していかなければ
成果を出すことはできません。



買っただけで満足してしまうような人も
中にはいるようですが、
それではもちろん稼ぐことなどできません。



また、
せっかくお金を出して情報商材を購入したのに、
ノウハウをきちんと理解しないで
自己流の解釈で作業を進めてしまったがゆえに、
膨大な時間と労力を無駄にして
稼げなかったという事例もあります。



情報商材のノウハウを再現するためにも、
まずはノウハウをきちんと理解して
マニュアルに従って実践していきましょう。



そして、
マニュアル通りに実践して稼げるようになってから、
自分なりのアレンジを加えていくようにしましょう。



<まとめ>



情報商材には、一般書籍では手に入らない
メリットもたくさんありますが、

その反面、情報商材ならではのデメリットや注意点
というものも存在します。



今回ご紹介した
情報商材のメリット・デメリットを、
今後、情報商材を選ぶ際の
参考にしていただければと思います。



ネットビジネスに取り組みたい方へ







私は、アフィリエイト系情報商材のマニュアルやセールスレターを一通り見てきました。



その中には難しすぎて初心者の方では理解できないものから、価格に見合わない薄すぎる説明マニュアルや再現性の無いノウハウも見てきましたので、セールスレターを見ただけでも大体中身がわかります。



しかし、ネットビジネス初心者の方は、どれが良くてどれがダメなのか判断に迷うことでしょう。



また、最初に正しい情報の取捨選択がしっかりとできていれば既に稼げているかもしれないのに、なかなか本物の情報に辿りつけずに遠回りしてしまう方も少なくありません。



そこで、このブログをご覧のあなたがアフィリエイト系情報商材のご購入でお悩みでしたら、下記のアンケート内容を詳しく明記した上で、無料お問い合わせメールフォームからお気軽にご相談ください。



1.あなたのPCスキルはどのくらいですか?

2.過去に購入したことのある情報商材はありますか?

3.その購入した情報商材で稼げましたか?

4.気になるネットビジネスや情報商材はありますか?

5.一日の作業時間はどのくらいとれますか?

6.ご希望の平均月収は?

7.情報商材購入のご予算は?






その他のご質問やご相談も受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。



如月でした。